sin13ta’s blog

不老長寿=健康被害、自然破壊の知識得てハッピー生活するブログ

  暮らしと健康の見える化                 アフリエイト広告を利用しています。

「超少子化」推移図表と対策法案の見え方     【PR】

 3たは、19年前に経皮吸収による被害(経皮暴露けいひばくろ)のこと先輩諸氏の紹介で講演会参加で、理解し始めた。

〈講演会からの思考へ〉

 その5~6年あとの市民講座がインパクト受け今日まで、深く知る動機であり、また、ブログ書くようになってさらに良く知ろうとなっている。
 次の図表も関心持っている。


 *15~49歳までの女性の年齢別出生率を合計した値であり、「1人の女性が一生の間に産むとされる子供の数」に相当する。
 同じ推移してるのも隣国の韓国(世界のネタ帳より)
 

 一時40年前頃までは、欧米のつぼ型人口推移が理想的と思いあり、子供一人か二人を教育・育児に重点して育てることだと言う大人意見強く思いどうりと取れる。
【広告】

環境化学物質の影響知る本・講演〉

 「奪われし未来」1996年 共著 や「メス化する自然」1997年 デボラ・キャドバリー著書に自然界で雌雄つかなくなる環境ホルモンを告発したあたりで、人体にも生殖異常が出る警告した市民講座で強く関心向かう3たです。(研究書的で難解である個人意見、ハットさせらる発表事例ある)
 
過去の事例で「水俣病」1956年、「サリドマイド」1960年、「カネミ油症」1968年、「DES」1940年 膣ガン・子宮奇形・停留精巣等々胎児への影響が成人大人の深く化学物質への暴露を図表・グラフ多く説明受けた。
 
こだわり使用の日用必需品変えていたので、予防医学講習で一層気にする少子化なのです。

 多く少子化の弊害(労働人口減少・高齢者への若者負担増・逆の高齢者への福祉増大)は、目に見えて対策費増大していて税負担個人にも分担始まる。

子育て支援拡充する法案結果は?〉

子育て支援拡充すること、韓国政府も取り組んできても23年0.72人「超少子化」に直面している事を、対策法案の子育て支援とは別に規制禁止法案作りをして欲しい!
欧州連合のドイツと農薬使用量と同じく差がアジア諸国(日本)と出ているグラフ。(世界のネタ帳より)

 3たのこだわり成分配合使用始めた時より、有害性化学物質指定5000品目(化粧品・日用品等の成分)を動物実験・販売禁止規制法案欧州連合(ドイツ)決めていたから
子育て支援拡充に?もつのです。
【広告】
https://modere.io/DS4A3f特典コード: 4565693

#講演会参加 #思考力 #超少子化