sin13ta’s blog

不老長寿=健康被害、自然破壊の知識得てハッピー生活するブログ

  暮らしと健康の見える化                 アフリエイト広告を利用しています。

花粉症杉植替え少ない花粉 法案??!

 花粉症の名前、由来などで検索すると、19世紀英国で農民が牧草の刈り取り時期に発症見られて、枯草熱(こそうねつ)イネ科の牧草の花粉である。 日本では、1985年までは、まれな病状、1961年ブタクサ花粉症なるキク科の一年草、ヒノキに次いで多い花粉症。(背が低い草花で飛散距離が短いため、近づかなければ避けられる。)とある。

 さらに、検索すると2005年レポートに、20〜30年前(1975~1985年頃)は、吸引しても、アレルギー症状は引き起こさないと考えられる、しかもスギ花粉出始めたばかりのきれいな花粉は症状誘発しない、汚れた花粉誘発する

 自然花粉破裂率は、2割程度、大気が汚れているほど破裂する確率8割まであがり花粉症発症しやすい。私3タは花粉で、アレルギー反応されるは、人の体質変化を疑う根本要因が、アルゲン物質(抗原)という、くだりに注視する。