sin13ta’s blog

不老長寿=健康被害、自然破壊の知識得てハッピー生活するブログ

  暮らしと健康の見える化                 アフリエイト広告を利用しています。

「超少子化」推移図表と対策法案の見え方     【PR】

 3たは、19年前に経皮吸収による被害(経皮暴露けいひばくろ)のこと先輩諸氏の紹介で講演会参加で、理解し始めた。

〈講演会からの思考へ〉

 その5~6年あとの市民講座がインパクト受け今日まで、深く知る動機であり、また、ブログ書くようになってさらに良く知ろうとなっている。
 次の図表も関心持っている。


 *15~49歳までの女性の年齢別出生率を合計した値であり、「1人の女性が一生の間に産むとされる子供の数」に相当する。
 同じ推移してるのも隣国の韓国(世界のネタ帳より)
 

 一時40年前頃までは、欧米のつぼ型人口推移が理想的と思いあり、子供一人か二人を教育・育児に重点して育てることだと言う大人意見強く思いどうりと取れる。
【広告】

環境化学物質の影響知る本・講演〉

 「奪われし未来」1996年 共著 や「メス化する自然」1997年 デボラ・キャドバリー著書に自然界で雌雄つかなくなる環境ホルモンを告発したあたりで、人体にも生殖異常が出る警告した市民講座で強く関心向かう3たです。(研究書的で難解である個人意見、ハットさせらる発表事例ある)
 
過去の事例で「水俣病」1956年、「サリドマイド」1960年、「カネミ油症」1968年、「DES」1940年 膣ガン・子宮奇形・停留精巣等々胎児への影響が成人大人の深く化学物質への暴露を図表・グラフ多く説明受けた。
 
こだわり使用の日用必需品変えていたので、予防医学講習で一層気にする少子化なのです。

 多く少子化の弊害(労働人口減少・高齢者への若者負担増・逆の高齢者への福祉増大)は、目に見えて対策費増大していて税負担個人にも分担始まる。

子育て支援拡充する法案結果は?〉

子育て支援拡充すること、韓国政府も取り組んできても23年0.72人「超少子化」に直面している事を、対策法案の子育て支援とは別に規制禁止法案作りをして欲しい!
欧州連合のドイツと農薬使用量と同じく差がアジア諸国(日本)と出ているグラフ。(世界のネタ帳より)

 3たのこだわり成分配合使用始めた時より、有害性化学物質指定5000品目(化粧品・日用品等の成分)を動物実験・販売禁止規制法案欧州連合(ドイツ)決めていたから
子育て支援拡充に?もつのです。
【広告】
https://modere.io/DS4A3f特典コード: 4565693

#講演会参加 #思考力 #超少子化

農薬大国はどこ?  [PR]


3たは、次の統計表が何とか出来ないか疑問持ちつつ”けている。

〈農薬使用料図表より分かること〉


 
市民講座を12年前に受けた時以来、農薬使用量見る表です。

小麦粉、トウモロコシ、豆類等々海外依存が多いのは分かっているが、「業務用野菜の国産化を」記事が目に入った為だ。

家庭用97%輸入頼るのが、加工・業務用90年88%から20年68%低下したが、さらに政府と農家や業者で国産化するという記事内容。

EUアジア諸国長年の差はなぜ?〉

市民講座の資料は、OECD2008年より表で韓国、日本と使用量>多くミツバチが激減したのは、ネオニコチノイド系農薬使用で、散布する農薬より洗っても流れ落ちなくなったと知る。

根元にカプセル状で食物内に入り込み、葉の水滴💧ミツバチ舐める習性から経口暴露したと説明、当然洗っても落ちない農薬なので、人体にも影響大と多くの図表で説明受ける。
 また、統計取り方違うのか?(2018年)も提示する


 
いずれにしても20年にしても欧州よりもアジア諸国(日本)使用量高いのに目が行く様になり、有害化学物質の認知度しる3たでした。
【広告】


〈無農薬時代の野菜は?〉

1960年代以前は農薬使用欧米諸国水準だったと思うが、野菜は青虫食べて奥に潜んでいて、置いておくと葉っぱ穴あき筋のみになり傷みも早く感じた。
以前の経験年配者は、こだわりある通り自給自足で無農薬栽培食品好むと思う。

加工食品も添加物(合成化学物質)使用品多くカタカナ名成分表示見れる、砂糖、塩、調味料も合成化学物質多く天然成分使用のものこだわりつつ3たもある。
:保存料や色や香料に合成化学物質使用例:PG(プロピレングリコール)乳化剤、タール色素(着色料)等々

〈ナグモ先生の最強レシピ〉

前々回ナグモ先生紹介したが、食品にも添加型の調理から、誘導型(素材の旨味を微生物の力利用する)調理を提唱されている。

経口暴露は、90%排出するので先ずは、無理しなくて食物恵みに感謝して美味しく頂きたい。

次回は、経皮暴露の人体影響>大、大をかいてみよう!!

【広告】
特典コード: 4565693 Live Clean パートナー認定

レイチェル女史の略年譜より影響知る 編②    【PR】

アフィリエイト広告使用しています。

  3たは、レイチェル女史から受けた事は、死後も引き継がれエプスタイン博士、「奪われし未来」シーア・コルボーン女史やダイアン・ダマノスキ女史他に多くの専門研究者に、レイチェル・カーソン日本協会88年に設立、98年10周年記念講演書籍で深く知る。 

 「沈黙の春」執筆4年がかりで出版に至る経緯は、略年譜掲載見て魚類・野生生物局の水中調査1949年参加はじめ、52年に退職するが57年にDDT散布の被害を訴え聞き58年に「沈黙の春」執筆開始、59年病で苦しみ60年に胸部にがんが発見され、61年寝たっきり状態に、62年出版で全土に反響の嵐が巻き起こる、63年賞受賞し大統領科学審問委員会で評価される64年体の骨の各所にガンが転移、死が近いことさとる。

(3たは、自然界の調査でレイチェル女史本人の被害有ったのでは?本に出合った時に勘ぐっていた)4月14日56歳で死去。

殺虫剤の有害性1962年から、エプスタイン博士の1996年無害の家庭用品を成分表示を分析、紹介 The Safe Shopper's Bible』で「毒物学・発ガン性」研究所長・がん予防連盟会長 98年ライト・ライブリーフッド賞を受賞。



 人体への影響はがん予防会長エプスタイン博士や、研究者の大きな課題として、「奪われし未来」のシーア・コルボーンとダイアン・ダマノスキ(98年10周年記念総会資料で講演している)のに、現れいる。

 ホルモン攪乱化合物による生殖異変は、「奪われし未来」に科学的証拠が上げてあり、多種多様な化学分野から見つかっています、ともダイアン女史述べている。

 時を同じ頃デボラ・キャドバリー女史、英国の作家・歴史家・BBCのプロデューサー「メス化する自然」1997年著書のタイトルからも同じ内容で、自然は人体とも取れる、

EU欧州連合)はじめ米国企業は、

a実験禁止 b販売禁止は、a動物実験反対運動高まりで、欧州議会1993年「EU以内で実験を行われた原料を配合する化粧品の b販売禁止を1998年1月1日以降禁止」採用、その間オランダ、ドイツ、⁑英国、オーストリアなど加盟国は、自国の法律で a実験禁止の措置をとる、(a実験禁止を先に決めているとb販売禁止98年を決めていたので、禁止されていない国で作ってEU内で販売可能になる為)それにEU政府に反対の圧力かけ前年「2000年まで延期」次の直前「2002年まで延期」⇒        [⁑1986年英国で動物が痛みやストレスをもりこみ虐待など受けないように厳しく規制する免許制度があると知る。]

⇒2003年EU理事会は、b販売禁止a実験禁止の両方を盛り込み第7次修正案を承認,交付。

 2009年3月11日より、代替法が確立されているか否かにかかわらず、EU域内での動物a実験禁止、シェアの高かった日本メーカーと化粧品連合会が、「独自の基準がある」と圧力かけつつ”け2013年3月11日、例外として許されていた動物実験(反復投与毒性、生殖毒性、毒物動態)についても「延期されることなく」b販売禁止全面完全禁止になる。

 この動物a実験禁止b販売禁止は、(動物a実験禁止の片方限定含)現在浸透して40か国位と米国10州となりつつありその意味するものが現れ始めていると3たはおもっている。

【広告】

特典割引 コード番号リブ・クリーンパートナー認定済

 2000年初頭は、意識ある書籍出て指摘されたが、疑いあるアレルギーと発ガン性(旧指定成分102品目+香料)表示するだけで、規制かけずに新しく成分にも動物実験データ申請許可で、アジア諸国の意識に合わせる先進国(欧州)に同調せず、韓国、中国、周辺国感染症、難病患者、少子化、自然環境汚染と表れている結果ではないのか?


 PRTR法制度も核燃料汚染処理水も基準値内なので安全で、届ける義務儲けてるが、禁止規制でドイツは、23年(去年で)40年かけて全基廃炉完了したニュース見るにつけ、先人たちの忠告聞かない忖度する人々憐れむ。
 3たは、学歴、知力、体力ないので、詳しくは今までの書籍ひもといて、解釈されますように。

 

 #病と執筆 #非難と称賛  #見えない化合物  #解釈力

健康被害と環境汚染は、防げるか!    [PR]


アフィリエイト広告使用しています。
3たは、図書館でPRESIDENT プレジデント(大統領か社長か?と思われた人 雑誌名です、(#^ω^)!)開くと、こだわり成分配合の主張する先生に出会え、推しする事にします。

表紙

南雲 吉則Yosinori Nagumo先生記事
 
 
 完全に3たと同調する所(部分的)は、②化粧・・・・ソープは使わない 食器洗い用の洗剤と同一の界面活性剤の一種である 注1「ラウレス酸ナトリウム」が使われていて、ボデーソープやハンドソープ、シャンプーにも含まれ、食器洗いで手が荒れるように、肌もボロボロになっていく
③純石鹸を使う
脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムなどの石けん素地のみで、合成の界面活性剤は一切使用されてなく、これひとつで体も髪も洗うようにする

〈健康知識は経歴と書籍から得る〉

 経歴:1955年生まれ 東京慈恵大学卒業 医科大学病院乳腺外来医長経て、乳房専門ナグモクリニック4都市開業、マスコミ出演や著者多数の方の云われる事です。
3冊ばかり借りてきて(3たは、知りたくなる癖有)2016年本に、注1日用必需品の成分表示見て、カタカナがごちゃごちゃ書いてある時点でもう有害であると考えて結構です。
食器洗い用の「アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム」は、ボデーソープやシャンプーの成分「ラウレス硫酸ナトリウム」と呼び方違えど同じ成分です。

〈環境汚染の大半が生活排水〉

 もう一つ、環境汚染の原因にPRTR制度「化学物質排出移動量届出制度」河川の汚染で「水俣病」「イタイイタイ病」の公害で工場排水の規制1999年設置で届出義務化されたが、河川汚染の大半が、家庭から出る台所・風呂・洗濯の生活排水です。
こだわり成分配合MODER社は、生分解も早いこと一貫して主張し、川に流れて海に繋がり世界に広げるビジョン示すこととナグモ先生は、残り人生で肌だけでなく、未来の環境を守るために純石けん勧めていくとある。

 

〈先生の若返るキッカケ〉

 ナグモ先生 さびない生き方 本に、45歳から父親62歳の時、心筋梗塞で倒れ意識不明状態に、一命はとりとめたがその後も糖尿病、痛風、腎臓病と襲われ血管が錆びることにより、たちまち一斉の働きやめてしまった。

 祖父も62歳で倒れ医療体制悪く医師でありながら他界してしまい、3代つつ”く先生も五つの”NO"で若返る実践して、52歳の時に調べて貰った脳年齢は38歳・骨年齢は28歳・血管年齢はなんと26歳であった。と…
 
3たは、やはり健康知識ある人にまだまだ及ばないと知る。
広告
 
#若返り  #プロフィール #シニアの生き方

街路樹は、金網もすり抜け育つ!        【PR】

         アフィリエイト広告利用しています。 
 


3たは、珍しいものに出会い求め歩く事も、多くなりました。
運動不足で足から退化していくのを恐れ出した為でもある。
 
近隣の季節毎の花々や個人経営店見つけたり、犬も歩けば棒に当たる! 的な災難に合いそうな歩道事故には、気を使いながらも行動する事で、きずくことありますね。
 市営の外柵で見かけた1枚
広告


 
話しは、街路樹の木が大きくなりコンクリートブロック押し倒したり、フェンス柵を突き抜け出した街路樹見る事です。

これは、ブログで何度も書く ブロック塀やフェンス=皮膚や粘膜は、壁ではない!対して:街路樹=有害性合成化学物質(8~10万種ある中の102品目+香料指定成分)
 18~9年こだわり成分配合の日用必需品使用の3たには、網のフェンスが皮膚や粘膜に見えるのである。

広告
https://modere.io/GZYj99
街路樹を勝手に処分して保険水増しから、店舗の入り口周辺をしている事案見つかり復元費用支払い受ける羽目になったBiMoは、目視で確認出来るが、液体合成化学物質目視では分からず、経皮暴露のこと理解できるため何でもない街路樹出会いでした。

スギ花粉症対策法案 効果はいかに?       〈広告〉掲載

 3たは「スギ花粉発生源対策推進方針」について、平成13年6月13日策定 令和6年4月3日に改正 記事にアレルギーである「花粉症」対策として首相予算つける演説聞いていて、18~9年前から有効だと思われて対策されているのに、疑問?いだいている。

 林野庁 花粉発生源対策の改正より抜粋(部分的に)

第1.趣旨

令和5年5月30日に花粉症に関する関係閣僚会議において取りまとめられた「花粉症対策の全体像」では、10年後に花粉発生源となるスギ人工林を約2割減少させることを目指して、(ア)スギ人工林の伐採・植替え等の加速化、(イ)スギ材需要の拡大、(ウ)花粉の少ない苗木の生産拡大、(エ)林業の生産性の向上及び労働力の確保等の取組を集中的に推進することとされた。

第2.スギ花粉発生源対策の推進

以下の点を目標として、花粉発生源対策に取り組む。
令和15年度までにスギ人工林の伐採を約7万ha/年まで増加させる
令和15年度までに、スギ材の需要を1,710万m3/年に拡大する
令和15年度までに花粉の少ないスギ苗木の我が国全体のスギ苗木の年間生産量に占める割合を9割以上に上昇させる

アンダーライン_は、3たつける。

     《 アレルギー性根本対策 他は? 》

   ●吸入性アレルギー    ●食物性アレルギー    ●接触性アレルギー

侵入経路が異なることから、症状にも違いがでる場合あるらしく、花粉症は、国民の3~4割が吸引性のスギ・ヒノキ花粉の原因と先生方指摘しての施策!?

感染症もウイルス指摘で伝染するのを予防薬摂取する義務化する動きに、薬剤を拒む3たふくめ合成化学物質排除製品愛用者は、反対署名運動呼びかけする人もいる。

 皮膚は壁ではなく 合成化学物質分子量小さく粘膜下層ダメージ受けることや血菅壁より血流にのり臓器に影響を及ぼす経皮暴露知り得た人は、多いに疑問を呈しているスギ・ひのき植え替え法案である。 

何度も、図を掲載する

他にも、アレルギー性疾患何で突然に、起こるのか?或いは、繰り返し起こした経験している3たである。

●蕁麻疹  ●アレルギー性鼻炎  ●気管支喘息  ●食物アレルギー等々

 

 平成16年(2001年)に進めてきて更に改正推し進める施策、スギ花粉本当に根本原因?

アレルギー性疑いある旧指定成分(1980年)合成化学物質102品目定めた中に、自然環境成分は見当たらなく、疑いある合成化学物質対策は、表示義務にして、スギは何千年、何万年も群生してるのが、伐採植え替え法案とは? 

食物アレルギー発症も果物など  食べることが出来ない人は、そうですか! アレルギー品目表示で指摘し、さらに増えていく予想される、なあ。

   《 〈グリーン・ベルト運動〉ケニアの実践者たちの思いは? 》

 アフリカ大陸の砂漠化に、植林で潤した女性環境副大臣になった〔ワンガリ・マー

タイさんは、農村地帯の女性に植樹を通じて社会参加を呼び掛ける「グリーンベルト運動」を創設した。女性の地位向上や貧困撲滅、民主化促進も目指した運動だった。

強権的な政権の弾圧対象となり、投獄されたことも度々、それでも、マータイさんは決して屈せず、運動は続けられ、延べ10万人が参加し、植えられた苗木は5100万本に上がった。〕

マータイ博士や運動参加人達は、植え替え法案 ”もったいない” というだけでしょうか?

 

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3Z71DI+BB8K3M+56GS+614CX" rel="nofollow">
<img border="0" width="300" height="250" alt="" src="https://www26.a8.net/svt/bgt?aid=240513462684&wid=003&eno=01&mid=s00000024166001013000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www13.a8.net/0.gif?a8mat=3Z71DI+BB8K3M+56GS+614CX" alt="">

 

 《 苗木を植える人達にお金与え、貧困救済と地位向上と環境整備と効果大!!》

 モデーア社も、製品の使用と合わせ、CMがわりにつながり持つ人に報酬与えるMLMマルチレベルマーケティング)日本特定商取引法の範疇で今でも、物が動かずお金だけ吸い上げ違法行為と疎まれるが、全く違う商法であり、経営の手法で大学授業ありと当時聞く、最高に還元率よく報酬目当ての道具として製品使用した人、淘汰されて苗木を植える人にお金与え、その後つながる人からも、報酬与えるウィン・ウィンの方式としる。

昨年より、一般の広告媒体取り入れる。

ステルスマーケティングステマ)規制に順守しなければいけないのは、当然である。

MLMでは、人を介してなので利害関係になり、人好き合い苦手で奥手な3たは悪戦苦闘つつ”きで、こだわり成分配合を優先し、変わりなく記事発信していく事としている。

https://modere.io/urhoDZ

友だち追加

お気に入りデビュー!Ⅱ      【広告】

 3たは、デビュー製品のネガティブ情報を書き出して、扱いずらい印象を与えたのではと反省する。 メリットは表裏一体なので、こだわり成分配合と合成化学物質配合と違い強調したいが為でした。

 案内リーフレットもう一つ同梱されていたので、掲載します。

 女性用は化粧品から美肌ケアーから身体ないまで、商品群多いし先輩諸氏に教示してもらいたい、商品紹介婦人講師しで知り得たもので、スキップします。

男性女性問わずサプリメントも米国発祥だけに、(皆保険制度加入義務ない為、意識強いと聞いている)解毒作用の働きも兼ね赤色容器のミネラルソルーションズは、ベストセラーつつ”く。

 初期の頃に、こだわり成分配合肌にいれても、例:拭き掃除の時に雑巾がけして、バケツ(=身体とたとえ)ないの汚れを空にしないと新しく水追加では濁りのままである、これをデトックス(解毒)すると教わる。

食品でも自然代謝高める「マ」・マメ、豆類「ゴ」・ゴマ、「タ」・・タマゴ、「チ」・乳製品、「ワ」・ 、「ヤ」・ 、「サ」・ 、「シ」・ 、「カ」・果実、「ナ」・ナッツを取るよう勧める雑学しる。  また、打線していきそうな感じ:・

ミネラル、ビタミンは、食品から15~20%位吸収されず(土改良で1960年代より含有率落ちているとか)人参、大根等1/10~1/20になり、刻み野菜は洗い流され、繊維分少し有るくらいで、今日のサプリ市場つながる30年前からミネラルソリューションズ6種の必須アミノ酸、11種のアミノ酸ブレンド配合しかも超微粒子製法で95~98%飲む吸収ドリンクで、リーピト率76%当時、他の多くて40%と聞く。

https://modere.io/w2wUFm これが、それです。

 

ビタミン剤のマルチビタミン錠剤や繊維質(ウコンやイチョウ葉などの植物)豊富なリベーノル錠剤、コエンザイムQ10・COQ10錠剤等々とバランス取る為にも、組み合わせ    

 セットが提示されている。

洗剤セットやシャンプーセットなど有るので、一気に体感出来て、3たも新陳代謝と若返りがなったと思いあり勧めます。

https://modere.io/GZYj99       https://modere.io/IgcNhf

 https://modere.io/urhoDZ  閲覧はホームページですので、一つで良いと思いますが、ログインするのに、紹介者コード入れればアカウント作れ、特典割引も受けられます。(期日と人数限定有)問い合わせいただけば、返信先へします。 又、Chatwork ID (8469815) 2lx8eez7へ下さい。

お問いあわせ
 
 
共有なし
下書きを保存しました
 
お名前*
 
 
 
返信用アドレス*
 
 
 
件名*
 
 
 
お問いあわせ内容*
 
 
 
 
選択肢 1
 
送信
 
フォームをクリア
Google フォームでパスワードを送信しないでください。
このコンテンツは Google が作成または承認したものではありません。 不正行為の報告 - 利用規約 - プライバシー ポリシー

友だち追加